​「音楽で笑顔!プロジェクト」のちょうさんのブログです。
認知症の高齢者施設で介護職員として働きながら、音楽で人を笑顔にする活動をしています。

「タウンニュース」に、当団体の活動紹介記事が掲載されました

本日発行の「タウンニュース 8月31日号」(川崎市麻生区版)に、当団体「音楽で笑顔!プロジェクト」の活動紹介の記事が掲載されました。 ■「音楽で笑顔!プロジェクト」の活動内容紹介(下記の記事です) ・認知症カフェで歌い笑顔~市民団体が音楽レク・・・8/23(木)に実施した「虹ヶ丘 認知症カフェ」での音楽レクリエーションの活動の様子を取材して頂きました。 ・やまゆりでイベント・・・9/17(月・祝)の音楽イベント「第1回 うたごえサロン」の告知記事です。 ※9/17(月・祝)のイベント「第1回 うたごえサロン」は、現在 参加者募集中です。 イベント詳細は、下記URLを参照ください。 https://goo.gl/xrHfqB ■「人物風土記」(下記の記事です)  私自身の「音楽」と「介護」に対する想いなどを記者の方が引き出して下さり、人物紹介記事にして下さいました。 ※同じ内容を、「タウンニュース Web版」でお読みいただけます。 【タウンニュース Web版】 音楽レクの記事 https://www.townnews.co.jp/0205/2018/08/31/446552.html 人物風土記 https://www.townnews.co.jp/0205/2018/08/31/446547.html 「音楽」は高齢者のストレスを軽減し、情緒の安定化・リラックス・自身の回復・表現力の回復などの効果があります。また、認知症の方ですと周辺症状(徘徊、暴言・暴行、妄想、叫声、多動、抑うつ等)を和らげる効果があります。 「音楽で笑顔!プロジェクト」は、「音楽」で「介護

認知症介護小説「ひだまり」~著者:阿部敦子さんのトークイベントに参加して

「認知症のある方との暮らしを考える」 認知症介護小説「ひだまり」の著者、阿部敦子さんのトークイベント「認知症のある方との暮らしを考える」に参加をしました。 私が阿部敦子さんの小説に出会ったのは、私が認知症高齢者のグループホームで、介護職員として働き始めた頃です。 「認知症ONLINE」に掲載されていた短編小説「その人の世界」を読み、認知症のある方から見える世界を初めて体感することが出来ました。 その短編小説と出会えたことで、グループホームに入居されている認知症のある方1人1人に、その人の視点から見える世界、その人がいま感じている物語があるということを意識するようになりました。 怒り、悔しさ、失望感~認知症のある人の世界の疑似体験 昨日は、著者の阿部敦子さんからの質問に答える形式で、「認知症の疑似体験」もさせて頂きました。 1つ1つの質問に答えていくうちに、いつの間にか自分が認知症のある人になっていて、帰りたいのに帰れない怒りが込み上げてきたり、誰にも理解してもらえないもどかしさや悔しさを覚え、最後には失望感・絶望感に変わっていく過程を体感し、とても衝撃を受けました。 グループホームで介護職員として日々 認知症の方々と接していますが、この怒りや失望感を自分事としてあらためて捉えることが出来ました。 入居者の方々の、日頃見られる帰宅願望や、食事拒否、入浴拒否などの言動には、1人1人に相応の理由があることが更に理解できた気がします。 ずっとお会いしたかった阿部敦子さんにお会いできて、認知症介護小説を書くことに込められた想いを知ることが出来、本当に深くて濃い

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
カテゴリーから検索
タグから検索

ソーシャルメディア

音楽で笑顔!プロジェクト

インディーズ・アーティスト応援!

「虹色の音♪」

Copyright © 2018 音楽で笑顔!プロジェクト