​「音楽で笑顔!プロジェクト」のちょうさんのブログです。
​認知症の高齢者施設で介護職員として働きながら、音楽で人を笑顔にする活動をしています。

「音楽で笑顔!プロジェクト~音楽で繋がろう!輝こう!~」が、川崎市麻生区の助成金対象の事業に選ばれました!

先日、「平成30年度 川崎市麻生区 地域コミュニティ活動支援事業」に応募し、模造紙2枚のみでプレゼンを行いました。 “音楽で人を笑顔にしたい!” という想いを審査員の方々に汲み取って頂けたようで、このたび、私たちの事業が、川崎市麻生区の助成金対象の事業に選ばれました。 事業名:「音楽で笑顔!プロジェクト ~ 音楽で繋がろう!輝こう! ~」 事業目標:「1人暮らしの高齢者や、家に閉じこもりがちな介護する人・介護を必要としている人たちが、音楽をきっかけに地域社会と繫がる場を作ります。音楽の力で、生きていることを実感して、その人らしさを引き出し、笑顔でその人らしく輝いて暮らせる社会にします。」

取り組む問題 介護施設では、入居している高齢者の方々が孤独感や絶望感を抱いて暮らしていたり、無気力で何もする気が起きず、一日中リビングでうたたねをしていたり、お部屋で寝て過ごしている人も少なくありません。また、認知症を患っていらっしゃる方ですと、例えば「着替える・歯磨きする」などの当たり前に出来ていたことでも、だんだんと順序が分からなくなり、やがて出来なくなっていくことがあります。自分が自分でなくなっていくような不安や恐れ、ストレスから、暴言・暴力、物盗られ妄想、被害妄想、帰宅願望、徘徊・・・・などの周辺症状が現れるようになります。

一方、1人暮らしの高齢者の家庭や、老夫婦だけの家庭では、老いていく不安を常に抱えて暮らしています。また、介護してくれる人がいる場合でも、出来たことが出来なくなっていく不安や恐怖を理解してもらえず、もどかしさや腹立たしさを感じてしまうことがあります。それが募り募って、つい介護してくれる身近な人に怒鳴ったり、手を出してしまったりします。介護する人も、休む暇なく続く介護に疲弊してしまい、双方が家に閉じこもってしまうことがあります。

「音楽の力」~音楽がもたらす効果 上記のような諸問題を、私たちは「音楽の力」で解決していきます。 <音楽がもたらす効果の一例> ・リラックスストレス軽減(認知症の方ですと、悪化した周辺症状を和らげる効果が現れる場合があります)

情緒の安定化(情緒が安定しやすいので、立ったり座ったり歩き回ったりと、普段から落ち着きがない人なども、落ち着かれてずっと座ったまま、歌を歌ったり聴いたりすることがあります)

長期記憶の刺激(普段は思い出すことのない遠い過去の想い出や、大切な人・大切な事・大切な物などの記憶が、昔歌ったり聴いたりしていた音楽やメロディーと直接結びついていたり、間接的に結びついていて、長期記憶を刺激することで記憶が蘇ることがあります。それがその人にとって生きる意味を見出すことになったり、生きていく希望につながったりします。) ・自信の回復(楽器を演奏することで、「自分でも音を出せた!演奏ができた!」という満足感から自信の回復につながります) ・自尊心の回復(合奏をする際に、ある音階・パートを任せられると、社会の中で自分の役割を見出すことが出来、社会とのつながりを感じられ、居場所がある安心感を得られて自尊心の回復につながります。)

私たち「音楽で笑顔!プロジェクト」は、音楽の力で、多くの高齢者の方々を笑顔にして、その人らしく暮らして頂けるように、「地域社会と繋がる音楽イベント」をこれから企画していきます。 ぜひ、多くの方々にご参加頂きたいと思います。 ご興味のある方、お気軽にお問合せ下さい。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
カテゴリーから検索
タグから検索

ソーシャルメディア

音楽で笑顔!プロジェクト

インディーズ・アーティスト応援!

「虹色の音♪」

Copyright © 2018 音楽で笑顔!プロジェクト